ときの森 | 三宅施設長のコラム - デイサービスときの森 | 奈良県御所市


2019年04月12日

感動するということ

「ときの森さんって、いつも何かいろんなことされてますよねー」と、先日市役所にお邪魔した折、ある方から言われた。
確かに「この十四年、いろんなことをやってきたが、自分としては、それほど『いろんなことをやってきた』気はしていない。
それどころか、最近は、やり足らない気持のほうが強い。
その昔、「ときの森は、サプライズがいっぱい!」と言わんばかりに、いろいろな新しいことをやっていた。
オープンしたての十四年前のときの森は、デイサービスとしては何をするにつけ新しかった。
「サプライズ」は、相手の期待を超えたところにある、相手が思いもしないことをした時に生まれるものだ。
そしてそこに「感動」がある。
「感動」には、「うれしい」「幸せ」という「涙」もついてくる。
私は、今でも毎日そのことばかりを考えて生きている。